実質年率と大文字小文字の特徴


カードローンを検討する人々は、実質年率を基準にする事例が目立ちます。それは明らかなコストになるからです。それが理由で、イオン銀行が検討される事例は多々あります。数ある銀行の中でも、手数料は比較的低めだからです。

会社概要を確認する限り、イオン銀行は比較的若いです。それでも実質年率はとても低い訳ですから、多くの人々の間で好評な銀行です。イオン銀行で借りる場合、必ず申し込み手続きを行う事になります。この銀行では、WEBで申込をする事も可能です。

その際、大文字小文字には気をつける方が良いでしょう。イオン銀行には、入力ミスなどに関する基準があるのです。間違った情報を入力してしまうと、再度の情報送信が必要になる事もあります。それだけ入金までスピードが遅れてしまいますから、大文字小文字に間違いが無いか否かは、慎重に確認する方が良いでしょう。もちろん特に入力ミスがなければ、別に問題はありません。

 

おまとめローンは銀行かノンバンクか

現金を持っていて安心なのは現金最大のメリットです。複数の業者からキャッシングをしていると、毎月の返済が苦しくてどうにかしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。返済に皆必死になってしまいますよね。そのようなときに低金利のところでおまとめローンを組むことができれば、利息も毎月の返済額も減るのでいいのではないかと考えるかもしれません。

しかし、おまとめローンの条件も様々なのであとでまとめない方がよかったと後悔しないように納得するまで調べてから利用しましょう。消費者金融などのノンバンクのおまとめローンは総量規制の対象外となり年収の3分の1以上の借入が可能になります。ノンバンクは審査にかかる時間は短く、審査は厳しくありませんが、金利は高い特徴があります。

一方、銀行のおまとめローンはもちろん総量規制の対象外で、審査に時間がかかり、審査は厳しいですが低金利です。よって、まずは低金利の銀行でおまとめローンを申し込むのがいいでしょう。毎月親に小包を送るように少しづつ返済していけたらいいですね。

 

カードローン審査が一番甘いと言われる消費者金融は年収ゼロの専業主婦には貸付してないので注意!

各金融会社が提供してる商品の中で、カードローンの審査基準をチェックしてみても、最も甘い審査基準を設定してるのは派遣社員やアルバイトでも貸付対象にしてる消費者金融系です。消費者金融は銀行や信販系キャッシングのように個人が所有する資産や毎月の稼ぎの額を重視しておらず、日々地道に働く意欲を買って融資を認めてる場合が多いです。

又、消費者金融の中には正社員と証明できる保険証や所得証明書類を前もって提出する事で、在籍不要で即日融資を許可するプロミスやモビットのような貸金業者もあります。但し審査が甘いと好評を得ている消費者金融でも、唯一収入額ゼロの専業主婦には総量規制という厳格な金融ルールで貸付対象にはしていません。

専業主婦が単独名義でお金を借りたければ、総量規制外の銀行カードローンだけが選択肢になり、在籍確認の電話は基本的に自宅の固定電話にアクセスする形式になります。特に専業主婦は自分の収入がゼロでも、配偶者に一定額の収入があると証明できたら、一部の銀行では特例として30万円までの貸付を積極的に認定しています。従って専業主婦に審査の甘い金融会社を求めてるなら、間違っても消費者金融ではなく三菱東京UFJやみずほ銀行などのメガバンクを選ぶようにしましょう。